結局どうなの?有線ピヤホン3のリアルな評判【ピエール中野モデル/イヤホン/ユーザーの声】

はじめに

名機と名高い有線ピヤホン3、レビューサイトやYoutubeどこを見ても素晴らしいと評価されている、定番中の定番商品です。

 

ただ、リアルなユーザーの声がその評価に隠れてしまい、結局どうなのか?

分かりづらい現状になっています。

 

本記事では、リアルなユーザーの声を集めまとめることで、改めて有線ピヤホンの本質に迫りたいと思います。

有線ピヤホン3とは

 

「凛として時雨」のドラマー、ピエール中野と株式会社ALPEX・Hi-Unitが共同で開発した高音質有線イヤホンです。クラウドファンディング発のこの商品は、1億円の支援を集め、その後一般販売されています。

 

株式会社ALPEX・Hi-Unitとは・・・

主にコラボ商品の企画、製造を行う会社で、中国の現地工場と連携しています。

ゲーミング用品を販売しているバウヒュッテ等に近い形態ですね。ピエール中野さんはピヤホンシリーズの監修として関わっています。

 

音楽に携わるプロにも公私問わず愛用されており、愛内里菜、神前暁、ミト(クラムボン),DE DE MOUSE、等がコメントを寄せており、レコーディングミックスやステージモニターとしても使用する場合もあるそうです。

 

まさに音楽家による音楽家、もしくは音楽愛好家へ向けた商品です。

ドライバー構成

 

ドライバーにはべリウムコーティングのダイナミック型を採用。

べリウムコーティングは、音の伝導性の高さが特徴で、癖無く原曲を再現する優れた素材です。クリアで迫力がありながらも、バランスの良いサウンドを届けます。

ハウジング

 

高級感のある黒のフェイスプレートを採用し、(アルミ合金削り出し)左ハウジングには、ピヤホンの象徴ともいえる金のバイブスくんを配置、右ハウジングには、DARUMA AUDIOの主ブランド「Vento Conductor」のロゴが配置されています。

 

ケーブル

2pinのOFC銀メッキケーブルが採用されています。

重厚な低域と解像度の高い音質が実現されており、デザインでも被膜色を工夫し、高級感のあるケーブルに仕上がりました。


リケーブルタイプのため、ケーブルを着脱して交換出来るので、ケーブルの違いによる音の変化を楽しめます。市販されている2pinタイプに互換性があります。

 

実際に購入したユーザーの声

肯定的なレビュー

  • 重低音が凄すぎ、ライブハウスにいるみたいな臨場感、ロックを聴くならこれ。
  • ピエール中野氏監修の製品なので音質は間違いない、特にドラムの音が特徴的で繊細かつ迫力がある。
  • プロアマ問わず、一度聞いて欲しい音。生音に合う別次元のサウンド、値段以上の価値がある。
  • デザインがブラック&ゴールドでクソかっこいい、ぶっちゃけアガる。
  • 音源次第で化けるナチュラルサウンドの極み、低音が特に素晴らしく、音の立体感が凄い。クラシックもいけるんじゃないか、このイヤホン。

否定的なレビュー

  • 高音は奥まっていて、女性ボーカルの美しい響きが感じられない。繊細さの無い音。
  • コネクタ部の金具がすぐ破損、正規で買ったのに修理対応がイマイチだった。とても残念。
  • 製品は素晴らしいが、価格が価格だけに正直持ち上げすぎ。他にも選択肢は一杯ある。
  • ロックだけ聴くなら勧められるけど、それ以外はちょっと・・・。
  • 正直デザインがダサい、なんだよバイブスくんて。

まとめ

ユーザーの意見をさらにまとめると、

低音と臨場感が素晴らしくロックには最適だが、美音系では無く女性ボーカル曲には弱い、そしてデザインは好き嫌いが分かれる。

という結果でした。

 

個人的には、10万円超えのハイエンドイヤホンはこの先買うつもり無いけど、低音重視でロックや現代の曲をしっかり聴けるイヤホンが欲しい、という方向けの商品かなと思いました。

 

あと、レビューを見るとピエール中野さんのファンがやはり購買層には多く、ファンと業界人(販売側含む)、そして一般のユーザーの間には製品に対して感覚的な違いがあり、評価の基準が違うという部分が気になりました。

 

※2023年1月にALPEXからHi-Unitに事業譲渡され現在の形態になったのですが、Hi-Unitの株式を100%保有しているのはeイヤホンの母体の株式会社タイムマシンです。そしてピエール中野さんは2019年よりeイヤホンの公式アンバサダー。このあたりも多少は評価基準に影響があるのかもしれません

 

とはいえ、製品自体のクオリティは高く、そのような声もかき消すほどの人気です。

気になった方はぜひ店舗で試聴してみてください。

 

今回の記事はここまでとなります。

ありがとうございました!