どろのヲタブログ

アニメと音楽と

ネットワークビジネスに勧誘された話【マルチ商法/潜入レポ】Vol.6

※本記事のリンクには広告が含まれる場合があります。

前記事↓

dropoutdiary.com

【人物おさらい】

Y・・・ネットワークビジネスに誘ってきたフットサル場での先輩

R・・・Yの幼馴染で九州男児のようなイケメン

M・・・セミナー主催者であり、Yが慕う人物

S・・・切長目のお姉さん系美人

U・・・ふわふわで明るいバラドル系女子

ニックネーム

まず初めに同じテーブルに座っている同士で自己紹介が始まります。

それぞれにいるまとめ役が、MCのように話を回します。

 

Y「それじゃあ、まず自己紹介しようか!じゃあまずは・・・」

 

Yに促され、私の正面に座っている女性が自己紹介を始めます。

 

「仕事は○○で、目標は自分の仕事を広めて世の中の役に立つ人間になることです!ニックネームは○○です!よろしくお願いします。」

 

さらに隣へ、次から次へと進んでいきます。

 

「僕の仕事は○○なんで、キツいですが根性で頑張っています。これからは自由になって自分で稼げるようになって、それを人に伝えていきたいです!ニックネームは○○と気軽に呼んで下さい!」

 

「保育士やってます!自分の人生をキラキラにして子供にもキラキラの笑顔を広めるのが目標です!ニックネームは○○ちゃんです!」

 

「美容師やってまぁす!俺はどちらかというと先輩に当たるけど、気軽に絡んでください。ニックネームは○○なのでよろしくぅ!どんどん人生を良くしていこぉう!!」

 

あれ・・・?全員ニックネーム押しが凄いな。

なんか自己紹介も各自アイドルばりに仕上がってる。

 

まぁ、とりあえず無難にこなすか。

そして私の番が回ってきました。

 

「はじめまして。仕事は○○で出身は○○です。えー、ニックネームとかは無いので、本名の○○でとりあえずよろしくお願いします!」

 

ざわざわざわ・・

 

えっ?なんかおかしいこと言ったかな?

周りの焦ったような、なんとも言えない雰囲気に私は不安になりました。正面の女性は「あー・・・」といった表情で目を伏せてしまっています。

 

思考停止していると、Yが焦った顔でこう言いました。

 

Y「うわっ!ごめんごめん!言ってなかったっけ。ニックネームは全員付けるっていう決まりなんだよ。基本本名はNG。と、いうわけでニックネームは○○にしよう。その方が親しみがあって良いね。みんな仲良くしてあげてね!!」

 

本名の頭文字を取った適当なニックネームを付けられ、その場は収まりましたが、Yはバツの悪そうな顔で「ごめん忘れてた」と小声で謝ってきました。

 

しかし、ここにいる全員ニックネームで呼び合ってるのか・・・?

正直不気味で仕方ありませんでした。

 

自己紹介があらかた終わり、次は本格的な交流が始まります。

その際、いわゆる同期だけでなく、ビジネスの先輩にあたる人とも多数会うことになります。

 

ネットワークビジネスに勧誘された話【潜入レポ】Vol.7へ続く