どろのヲタブログ

アニメと音楽と

ネットワークビジネスに勧誘された話【マルチ商法/潜入レポ】Vol.10

※本記事のリンクには広告が含まれる場合があります。

前記事↓

dropoutdiary.com

【人物おさらい】

Y・・・ネットワークビジネスに誘ってきたフットサル場での先輩

M・・・セミナー主催者であり、Yが慕う人物

S・・・切長目のお姉さん系美人

ラットレース

ゲームが始まると、プレイヤーは手持ちの資金で「投資」を行っていきます。

人生ゲームの投資特化版といった所で、一定以上の資金を得ると上がりとなります。

 

投資物は、ビジネス、不動産、株式。といったオールドな定番のみ。

最初はどれに投資してよいか皆戸惑います。それを見て、弟子たちがアドバイスを与えます。

 

私たちのテーブルにはSとY。まずはSが口を開きます。

 

S「どれに投資してよいかわからないよね~、まずは投資ごとの強みと弱みを理解しよう☆」

 

Y「利益が多く出るのが不動産なんだけど、リスクが高いからまずは株式がおすすめだよ、キャッシュフローを理解してまずは資金を増やそう!」

 

参加者はそれぞれ投資先を決め、毎月のキャッシュフローの管理が始まります。

ですが、なかなか上手くいきません。

 

株式で増やして不動産でさらに利益を得ようとしても、まず資金が増えませんし、不動産はリスクが高く、結局最初からやり直しのような状態に戻る始末。

 

だんだんと参加者に諦めに近い空気が蔓延しますが、弟子たちは順調に資金を貯め、不動産に投資し回収、さらには余裕を持った資金でハイリスクローリターンのビジネス投資にまで手を出していきます。

 

そして、最終的に上がりとなったのはSとYと参加者の一人の女性のみでした。

私は安定志向が災いし、株式だけでは首が回らなくなり、小さいビジネス投資を並行するようになって未回収の後破産。というありがちな結末となりました。

 

S「それじゃあ反省会しよっか、じゃあYはなんでラットレースから上がれたか説明してあげて。」

 

Y「普段僕らも働いてお金を得てるけど、意外とあんまり把握してないよね?この、出ていくお金と入って来るお金を理解することがとにかく重要なんです。」

 

Y「例えば、入って来るお金の何%までを投資に回すか、ルールとしてしまうのがおすすめ。僕の場合30%を目途に無理せず最初はコツコツと株式取引を続けました。するとある段階で収入が爆発的に増えていきます、そこで得た資金で不動産へといった流れを守ることが成功へと繋がりました。」

 

S「なるほど・・・、つまり私たちも普段の生活からキャッシュフローを意識して生活するってことが重要なのね☆」

 

Y「その通り!まぁ僕たちは普師匠から勉強してこのゲームも二回目だからっていうのはあるけどね!でもこうやってコツさえつかめば誰だって利益を出して人生を良くすることが出来るんだよ。」

 

S「みんなも見たでしょ?ラットレースから上がると働かなくても資金が増え続け、社会へ影響を与えることが出来るんだよ。それって素敵じゃない☆?」

 

参加者のほとんどが失敗しているので、かなり説得力のある話でした。

そして、最後にテーブルはそのままで、Mが壇上で話し始めます。

 

M「みんなどうだったかな?上手く行った人、そうじゃない人もいるだろうけど。大事なのは毎月のお金の支出と収入を管理することだってわかったよね?僕も働いてた頃は無頓着でね、何も考えずお金を使って時間を無駄にしちゃってたんだよね☆」

 

M「今回のゲームみたいにラットレースから上がると全然違う世界が見えてきて、本当人生が楽しくなると思うんだ⤴。ゲームだと何回でも失敗できるのは良いよね、こんな風に勉強して人生をどんどん良くして行こう☆」

 

Mの締めの挨拶が終わり、音楽が流れ始めます。

 

帰りにYさんとラーメンを食べながら、お金の話について積極的に話しました。

私は今回のセミナーは普通に勉強になったし、面白かったと思っていました。実際にゲームに敗れて少し悔しかったのも大きいです。

 

ただ、私はこのセミナーでの会話が後々のビジネスに直接的に関わって来るとはまだ気づいていませんでした。

 

ネットワークビジネスに勧誘された話【潜入レポ】Vol.11へ続く